ホワイトニング

ホワイトニング ※保険外診療

Beyondポーラス最新のホワイトニングシステムを導入しています

ビヨンドホワイトニングシステムによるオフィスホワイトニング

ビヨンドホワイトニング

ビヨンドホワイトニングは日本で一番の導入実績をもったホワイトニングシステムです。毎日が忙しく、なかなかホワイトニングができない方におすすめしております。一回の施術は約60~90分。短期間で効果的に歯を白くしたい方はぜひビヨンドホワイトニングをお試しください。

ビヨンドホワイトニングシステム

ビヨンドホワイトニング

ビヨンドホワイトニングシステムは、1~2回の通院で高い効果を発揮します。

ホワイトニングジェルを塗った歯に特殊な光を当て歯を白くするため削ったりすることなく、ご自身の歯を傷つけることはありません。

ホワイトニングの1回の所要時間は約60~90分です。上記のジェルとライトによる光照射を繰り返し白くしていきます。ニコニコ歯科ではこの工程を3回繰り返すことで高品質なホワイトニングを実施します。

まれに痛みを感じる場合があるのですが、その際はご相談させていただき、歯科医師の判断で照射回数を工夫し適切な回数で行いますのでご安心ください。

下記の動画でホワイトニングシステムについてご紹介いたします。

治療の目安

治療の内容 歯に沈着した色素をホワイトニング剤で分解させ、白くする治療です。
リスク・副作用 稀に痛みを感じる可能性があります。歯に見えない亀裂などがあった場合は、強い痛みを感じることもあります。また、ホワイトニング効果には個人差がありますので、歯がどれくらい白くなるかは患者さんによって異なります。
治療時間の目安 1時間
治療回数の目安 1回
治療費総額の目安 上顎・下顎ともにオフィスホワイトニング(ビヨンド ホワイトニング)を行った場合
2万円
その他 ビヨンドホワイトニングシステムを当院では利用しています。このシステムで使用する薬剤はアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けています。また、アジア圏だけでなく、欧米でも普及しているホワイトニングシステムです。
ビヨンドホワイトニングに使用する薬剤は国内に同一の成分、性能を有する製品がないため、厚生労働省へ薬監申請を行い、輸入許可を受けて個人輸入をしています。

ホームホワイトニング ティオン ホーム プラチナ

ホームホワイトニングの方法

ご自宅でのホワイトニングの方法について下記の動画でご説明しております。

治療の目安

治療の内容 歯に沈着した色素をホワイトニング剤で分解させ、白くする治療です。
リスク・副作用 稀に痛みを感じる可能性があります。歯に見えない亀裂などがあった場合は、強い痛みを感じることもあります。また、ホワイトニング効果には個人差がありますので、歯がどれくらい白くなるかは患者さんによって異なります。
治療期間の目安 1週間~2週間
治療回数の目安 2回~3回
治療費総額の目安 2万円
その他 1.未承認医薬品等であることの明示:ティオン ホーム プラチナは、ティオンホームの安心感を継承し、さらに高い効果が期待できるホームホワイトニング材です。ティオンホームの安心感を継承し、さらに高い効果が期待できるジェル状のホームホワイトニング材です。
有効成分の放出性能を向上させ、かつジェルが歯面により密着・滞留させることで、より早い段階でホワイトニング効果を発揮します。トレーシートは柔軟性と耐久性に優れた材質を採用することにより違和感なく長時間のホワイトニングも快適に行えます。
2.入手経路等の明示:株式会社ジーシー
3.国内の承認医薬品等の有無の明示:厚生労働省認可の国産ホワイトニング剤【株式会社ジーシー(Tion)ホーム

当院では、ホワイトニングコーディネーターの資格をもつ歯科衛生士がホワイトニングをおこないます

歯のホワイトニングは医療行為であるため国家資格をもつ歯科医師か歯科衛生士しか行うことができません。
一般的には治療は歯科医師、ホワイトニングや歯のクリーニングは歯科衛生士が担当します。

そのため一般の歯科衛生士でもホワイトニングは担当することができるのですが、当院では「ホワイトニングコーディネーター」の資格をもった衛生士がホワイトニングをおこないます。

ホワイトニングコーディネーターとは、日本歯科審美学会(Japan Academy of Esthetic Dentistry)が認定している資格で、ホワイトニングへの知識や技術を認められた歯科衛生士のみに与えられます。
歯科衛生士の中でも20人に1人程度しかこの資格をもっていません。当院にはこの資格を所有している歯科衛生士が常駐しています。

より技術力の高いホワイトニングのプロである「ホワイトニングコーディネーター」のホワイトニングを受けてみてはいかがでしょうか。

認定証 認定証 認定証
ページトップへ